増えている専門外来

聴診器

専門家の助けを借りて治療する

買い物をすることで一時的であっても高揚感を覚えることができ、その間だけは嫌なことを忘れてしまうことができる、お金を使ってしまう病気があります。買い物依存症ともいわれる病気で、分かってはいても買い物をやめることができません。また、買い物をするためにお金がない場合には、借金をしてでも買い物を指摘分を発散させようとしてしまいます。そのため、雪だるま式に借金を繰り返してしまう依存性の高い病気が、お金を使ってしまう病気なのです。買い物依存症は買い物をしたときには気分が良いのですが、家に帰って冷静になってみると自己嫌悪に苛まれてしまうのです。その事がわかってしても、繰り返してしまうことから依存性がとても高いことがわかります。買い物依存症はなかなか自分で依存性を断ち切ることが難しい病気です。最近では、買い物依存症治療の一環として、心療内科などの専門外来を受診し、リハビリを受けることができるようになってきました。依存症を治療するには、カウンセリングと投薬治療が必要です。

心療内科にてお金を使ってしまう病気を治療する目的は、ずばり依存症からの脱却にあります。自分ではどうすることもできないときには、専門外来にかかり、専門的な治療を受けながらリハビリテーションをすることが何よりも重要になります。定期通院でカウンセリングを受けながら、状況を医師が把握します。症状に合わせて薬を変更したりすることができるので、依存性の高いお金を使ってしまう病気から脱却することができるのです。また、並行して利用したいのが社会的な自助グループです。同じ悩みを持つ人達が集まって悩みを共有することで、心理的な負担を取り除いたりすることができます。買い物依存症の治療においては、依存性が高いということもあり、家族の理解が必要になります。家族と一緒に自助グループの活動に参加することで、買い物依存症に対する偏見をなくし、理解を深めて治療に専念することができるようになるのです。買い物依存症に悩んでいるのならば、一人で悩まず、周囲の助けを借りるようにすることです。

Copyright© 2019 依存症や浪費癖の可能性があるので、精神科を受診しましょう All Rights Reserved.