物欲を抑えられない病気|依存症や浪費癖の可能性があるので、精神科を受診しましょう

物欲を抑えられない病気

カウンセリング

買い物依存症とは

精神病にもいろいろ種類がありますが、近年急増しているのがお金を使ってしまう病気で、中には破綻してしまう方も多いようです。お金を使ってしまう病気は大まかに分けると2種類ほどで、買い物依存症とギャンブル依存症の患者が大半を占めています。買い物依存症はその名称の通り、物欲を抑えることができなくなることで、手元にあるお金以上に費やしてしまいます。最初は使える範囲のお金を全て使い切るだけですが、症状が悪化していくと使ってはいけないお金にまで手をつけるようになります。又、品物を買いたいという衝動だけでなく、金銭感覚の麻痺が起こるため、ちょっとした節約さえしなくなってしまうので厄介な病気です。ギャンブル依存症は競馬やパチンコなどが止められない病気で、負け続けていても借金を繰り返してまでやり続けてしまいます。遊戯として割り切って使えるお金の範囲で行っていれば問題ありませんが、欲求の境界線を越えると歯止めが利かなくなる怖い病気と言えます。どちらもストレスの発散や趣味の延長で発症してしまうケースがほとんどなので、心当たりがある方は気を付けましょう。

自身が買い物依存症などのお金を使ってしまう病気になっていると感じた方は、まずインターネット上にある診断テストを行ってみて下さい。ほとんどのサイトが無料で診断でき、項目ごとにチェックして判定してくれるのでとても簡単で、インターネットの環境があれば誰でもできます。お金を使ってしまう病気の買い物依存症やギャンブル依存症の疑いがある場合、一人で克服するのは困難です。心療内科やメンタルクリニックで治療を行えるので、手遅れになる前に一度病院に行き、診察を受けるようにしましょう。お金を使ってしまう病気の治療はカウンセリングやヒアリングがメインとされており、専門医と二人三脚で少しずつ回復させていくのが一般的です。他にも治療に役立つ著書を読む方法があり、軽度の方はそれを利用してお金に関する知識をつけたり、人生を見直しながら改善させることができます。又、治療において周囲の協力も必要になってくるので、買い物依存症などになってしまったら家族や知人にも相談しておいた方が良いでしょう。

Copyright© 2019 依存症や浪費癖の可能性があるので、精神科を受診しましょう All Rights Reserved.